九州・沖縄
九州の北にある県。本州に一番近い。
学問の神様「太宰府天満宮」は菅原道真が祀られていて、
京都の北野天満宮とともに、全国の天満宮の総本山となっています。

「菅原道真」は、幼少期から詩歌に優れていて、次第に政治にも関係する役職に就くようになった。
昇進を続けていましたが、朝廷へ権力を集中させようとする道真の主張を疎んじていた藤原家や、
有力な貴族たちの策略により九州の太宰府へ左遷されたうえ、
子には流刑を課すなどの徹底的な道真つぶしが行われた。
平安時代や室町時代では、こういった権力抗争が非常に盛んで

有力な貴族たちは自らの家系を上へ上へという政略のため、
敵対する勢力に対して狡猾に策を練り、陥れていた。
一族郎党罪をかぶせることも珍しいことではなかったようです。
こわいですね、権力争い・・・。


道真は左遷された2年後、都から遠く離れた九州の地で、その生涯を終えますが、
その後、都では疫病や異常気象、有力者の病死など不吉なことが相次いで起き、
これを「道真」の祟りだとして、天皇からの勅命を受けた藤原仲平が太宰府へ赴いて、

社殿を造営し、御霊を沈めたといわれています。
流刑されていた子供たちも刑を解かれました。

数百年後、道真の御霊への恐れがなくなる時代になって、
道真は生前、学問に優れていたということで、学問の神様として、信仰されるようになった。
道真は政権争いに利用されただけ、とばっちりを受けただけという説もあります。
他にも諸説はありますが、どれも定かではありません。

しかし、左遷された道真は不憫であったと思われます。
近年、小説やマンガなどで道真が「怨霊」や「悪鬼羅刹」のように描写され
安倍晴明がこれを沈める為に戦うというものが多くあります。

おそらく、この道真左遷後の「不吉な出来事が頻発」、
「道真の嘆き悲しみが都まで襲いかかるほど」であったというイメージから、
そのようなキャラが定着しているようです。

いずれにせよ、才があったが為に疎まれ、政治利用されてしまった
不憫な人物だったのは間違いないようです。
意外にも在原業平と信仰が深かったようで、女遊びはなかなかのものだったそうです。

文才だけではなく、武芸の腕もあり、特に弓は百発百中の腕前だったらしく文武両道であったようです。
現在は学問の神様ということで、全国の受験生などからの合格祈願にてんてこまいのようです。
そんな、学問だけではなく、武道、女遊びも長けていた道真公のお膝元。
福岡には、中州、博多、天神をメインに風俗店が集まっています。

道真公に肖れるかもしれませんね。
久留米風俗求人で、ソープランドを探しても、ありません。
ソープランドは風営法で営業地区が決まってるのです。
九州でソープは博多の中州、小倉の船頭町ですね。

ソープランド給与は、風俗業界ではトップクラスですね。
ただ、それだけハードで、リスクも高いです。
よく考えてちゃんとしたお店を探しましょう〜。