九州・沖縄

デリバリーヘルス

デリバリーヘルスはお客様に指定されたホテルの部屋か自宅でサービスを行なう無店舗型のお店で、略してデリヘルと呼ばれます。
お仕事現場との往復はスタッフが運転してくれる車で移動します。移動があるのがデリヘルの最大の特徴です。
ほとんどのお店が24時間営業で、ライフスタイルに合わせて自由に出勤時間を選べます。自分の時間を大切にしながら高収入が欲しい女性におすすめのお仕事です。
また、デリヘルは日本で一番店舗数の多い職種です。コンセプトや、働く女性の年齢層、もらえるお給料などたくさん種類がある中から選ぶことができます。

お仕事の流れ

1)車で指定された部屋に到着
2)挨拶をして入室・コースとオプションの確認後料金の受け取り
3)お店に連絡して指定されたコースのタイマーをスタート
4)和む程度に会話をする
5)お客様と一緒にシャワーを浴びる
6)プレイ
7)シャワーを浴びる
8)退室
9)車で移動(お店又は次の場所)

プレイ内容

基本的にファッションヘルスと同じです。
歯磨きや薬剤で身体を洗ってシャワーを浴びたあとはベッドへ移動します。
ベッドではキス・フェラ・全身リップ・パイずり・69・素股などを行ないますが、自分ができるサービスだけでいいお店がほとんどです。
ロングコースの場合は湯船に一緒に入ったり、恋人のようにテレビを見たり、ゲームをしたり、会話を楽しんだりします。

勤務時間

たいてい自由出勤制なので出勤時間も何時間働くのかも自由です。
8時間勤務だと約5人接客することができます。
もちろん希望すれば休憩時間を短くするなどして接客人数を増やすことも可能です。

営業時間

24時間のお店が多いですが、”早朝から深夜まで”や”夕方から翌朝まで”もあります。
また0時まではホテヘルとして営業して、0時以降はデリヘルに変わるお店もあります。

接客時間

通常は60分〜90分で、120分や180分のロングもあります。

※だいたいの目安としては60分の場合、タイマーをセットして接客を開始したら、まずは雰囲気を作る為の会話が5分程度、その後5分から10分間で一緒に入浴となります。
ここまでで15分ほど経過しています。
ここからメインの接客がスタートです。
最後にもシャワーで体を洗ったり会話する時間がいるので実質20〜30分ほどです。時間になりタイマーが鳴れば終了です。
その後一緒にシャワーに入ってお客様と自分の身体を洗い、拭いてあげて、少しお客様にも一息ついてもらってちょうど60分です。
何分のコースでも前後に15分ずつ、入浴&会話の時間があると思ってください。

通勤服装

お店から指定がない限り、自由な格好で構いません。

勤務服装

自由ですが、もしお店の制服があればそれを着用します。

平均日給

地域相場や店のコンセプトにより大きく変わります。
高級店 3万〜5万円以上
大衆店 2万〜5万円程度
激安店 1万〜5万円程度

1人あたりのバック

高級店 60分バックで10,000円以上
大衆店 60分バックで5,000円〜10,000円
激安店 60分バックで3000円〜5,000円
指名料やオプション料金はたいてい女性が全額もらえます。
1,000円〜10,000円ぐらいのオプションがあるので自分のできる範囲で選べます。

待機場所

待機室はお店によって大部屋と個室の2種類があります。大部屋は一緒にいる他の女性への気遣いが必要です。個室は全く自由にしていて構いません。
出勤したらお客様から指名があるまで、もしくはフリーの仕事があるまで待機室で待機します。
待機時間中に写メ日記を更新して出勤をアピールすれば、有効に時間を過ごせます。
お店のHP専用のチャット出演にもこの待機時間を使ってお客様にアピールします。
なかには自宅待機や、すぐにお客様のもとに向かえるように車の中で待機する場合もあります。

衛生面

うがいは「イソジン」、身体の殺菌消毒には「グリンス」という薬剤があります。お客様と一緒にシャワーを浴びるときに使うことで、かなりの効果があって、使用を推奨しているお店もたくさんあります。お店が無償で提供してくれることもありますが、たいていは雑費としてお給料から引かれます。自費で購入して使っている女性もいます。
お客様の自宅に行く場合も最低限シャワーがある部屋ではないと派遣しないという決まりを設けているお店がほとんどです。

お客様

平日の夕方以降は仕事が終わったサラリーマンの利用が増えます。
昼間利用するのは自営業や外回り中や出張中のサラリーマンです。
朝は夜勤明けの業種や定年退職の年配のお客様の利用があります。
一人暮らしの男性が自宅に呼んだりします。

働くコツ

デリヘルは日本で一番店舗数の多い業種です。
激安店から高級店まで、コンセプトもM専門、S専門、コスプレ、ぽっちゃり系、ロリ系、30代、40代のお店・・・と種類がたくさんあるので、自分に合ったお店を選ぶと働きやすくなります。
別のお店では指名なんてもらったことがなかったけど、コンセプトに合ったお店に変わって途端、ナンバー1になれた!ということもよくある話です。
自分に合ったお店がなかなか分からない場合は、年齢層などで考えてみるのもありです。
お客様の多くはお店のHPを見ながら電話で女性を指名します。写メ日記はお客様にアピールできる絶好のチャンスなので頻繁に更新して有効利用しましょう。
ほかにも延長をもらえれば稼げます。通常、延長料金は高く設定されているので、その分自分に返ってくる金額も大きくなります。
延長は難しいと思われがちですが、できればお客様に1度は聞いてみてください。女性に言われたらついつい延長してしまうというお客様もいらっしゃるので、ダメ元で聞くと良いでしょう。
そして人気が出る一番のコツはその瞬間だけ、お客様の彼女のように振舞うことです。うまく自分を演出することも大切です。これができれば、指名として返ってきたりロングコースになって返ってきたりして給料アップにもつながります。

メリット

早朝・朝・昼・夕方・晩・深夜とお店によって忙しい時間もバラバラなので自分のライフスタイルに合わせて都合のいい時間帯に働くことができます。昼間の仕事とかけもちしたり、大学生が授業が終わってから働くことも可能です。昼間は大学生やOLで夜は風俗嬢、というのは珍しくありません。
また移動の車の中では休憩ができます。深夜だと仮眠にあてられるので楽です。
行きも帰りも車で送迎してくれるお店もあります。
そして店舗型と違い受付でパネルを見られることがないのでそこから顔バレすることはありません。
また日本で一番店舗数の多い業種なので求人がたくさんあります。

デメリット

移動時間はお給料は出ないので移動距離が長いとその分ロスが大きくなります。地方は1店で広いエリアをカバーしていることが多いのでとくにその傾向があります。
接客中はスタッフが近くにいないので不安になることもあります。専属ドライバーがずっと待機してくれるお店もあるので応募時や面接のときに確認するとよいでしょう。

バレるか?

店舗型のように受付の様子をモニターすることができないので顔の確認はできません。
その一方で受付がないのでパネルから顔バレすることはありません。
彼氏などバレたくない相手の携帯番号をお店に登録してもらえば、万一その番号からかかってきても、接客しなくて済みます。また地元などエリアごとNGにすれば、そのエリアへの派遣はなくなり、知り合いを接客する危険性はグッと低くなります。
お店のHPでも顔出しNGにしたり、モザイクをかけるなどの対策があります。

デリバリーヘルス人気ランキング

風俗系のお仕事紹介

もっと見る